>

ココを見ている!当たり前だけど気を付けたいポイント

この記事をシェアする

仕事をちゃんとしてくれるのか?

お店側としては「真面目に働き、多くのお客さん(売上)を持ってきてくれる人材」を求めているので、面接時にいくつかのポイントを確認しています。
若い女性がメインの仕事なので、言葉使いや態度に問題が無いかを確認します。敬語が使えているかだったり、面接時にタバコを吸ったりしていないかを見ていて、これらは昼の仕事と変わりありません。
攻略方法としては出来る限り丁寧な言葉使いで話し、笑顔を作るとベストです。緊張しているのが伝わっても問題ありませんが、一生懸命な所を見せる事でお店側のポイントもアップします。もちろん遅刻は厳禁ですし、スウェットやノーメイク、ボサボサの髪のままで行くとどんなに容姿が良くても落とされる事があります。

目標金額や出勤について

風俗店の面接で必ず質問されるのが「目標金額と出勤日数」です。風俗は一生涯働ける業種では無く、いつかは卒業しなければなりません。近年では貯金や借金返済の為に風俗業界へ飛び込む方も多くいるので、必ず確認しています。
また出勤日数はお客さんを獲得する為にも必要ですし、お店で在籍しているコンパニオンの調整にも必要な質問です。
どちらも自分の思っている事を率直に答えて問題はありません。但しこれらが全く決まっていない場合は、お店側に「1日にどのくらい稼げるのか?」「どのくらい出勤して欲しいのか?」と質問するのもアリです。やる気をアピール出来ますし、お店のスタンスや売上について知れるのでどちらにもメリットがある質問です。