>

これで合格確定?風俗店への面接攻略法!

風俗嬢の一日を公開

この記事をシェアする

ちょっと清楚な雰囲気がGood

風俗業界と言えば派手なイメージがありますので、それを真に受けて面接にも同じ様な恰好で行ってしまった。これってよくある話ですが、不合格になる可能性が高いです。
接客の場では無く面接なので、雇い主にどれだけアナタと言う商品をアピールするかがキモになります。まず髪型は女性らしい、フェミニンな雰囲気が良いです。ゆるく巻く、またはふんわりとしたヘアスタイルがおすすめです。服装も明るめのワンピースにジャケットなど、普段よりも少し女性らしい雰囲気を心掛けると良いです。
ネイルはあまり長すぎると仕事に影響が出るのでNGですし、靴はサンダルの場合にもしっかりとストッキングを履きましょう。メイクもナチュラルを意識して、あまり派手にならないのが好まれます。

これがあれば合格?面接攻略グッズ

昼の仕事の面接では履歴書は必須ですし、それ以外にもエントリーシートやクリエイティブ関連なら、自分で作った作品・ポートフォリオが必要です。
風俗業界ではこれらは不要で、履歴書では無くお店側は面接シートを用意しているのがほとんどです。しかし身分証明書は必ず必須で、これが無いと風俗店で働く事は出来ません。写真つきの身分証明書が必要なので、運転免許所やマイナンバーカード、パスポートがあれば安心です。どうしても写真付きの身分証明書がない場合は、事前にお店へ相談して下さい。複数の身分証明書を提示したり、卒業アルバムで判断したりするケースもあります。
必須では無いですが、メモ帳とペンがあると面接時に気になった事をメモ出来ますし、やる気をアピール出来ます。